専門業者に頼めばより良いものが簡単に出来上がる

目的に合わせて選ぶ

印刷機

紙の質やインクの質で決まる

顧客や見込み客の関心を引くためのフライヤー印刷を決めるポイントは、紙の質だという意見が少なくありません。なぜ紙の質がフライヤー印刷に大きな影響を与えているのか、その理由は、紙の質によって発色や手触りなど五感を刺激する部分に影響が出るからです。顧客は紙に書かれた内容だけを見るわけではなく、印刷されているイラストや写真などから商品を確認することが多いといいます。そのため、写真などの発色が悪いと、商品に対して関心を抱かず、そのまま捨ててしまうことも多いため、顧客や見込み客獲得につながりません。つやのないものを選ぶ場合はマットな質感の紙を、つやが程よくあり、インクのノリが良い紙ならコート紙と呼ばれるものを使いましょう。素朴な質感のあるものを選びたい場合には通常のコピー用紙と同様の素材でフライヤー印刷をすると、素朴で温かみのあるものに仕上がります。なお、インクの種類と用紙都の相性によって発色が大きく変わるため、事前に問い合わせて発色を確認してから依頼するとトラブルが少ないです。紙やインクの種類を組み合わせること、印刷方法などを組み合わせることによって、フライヤー印刷の種類が大きく決まるでしょう。新聞折込チラシとして使うのか、イベント時の配布に使うのかによって、紙の質やインクの質に変化をつけるのは、企業として当然のことです。デザインに関しては自社で作ることで、割安な価格でフライヤー印刷を依頼できるため、自社の社員にデザインを依頼してください。